MacでiPhoneのデータを上書きしてしまっても復元できる

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

MacでiPhoneのデータを上書きしてしまった時の対処法

世界的に人気を誇っているスマートフォンのiPhoneとタブレットPCのiPad。2つのiOSデバイスは、多くの人が使っています。最近では、iOSデバイスでメモを書いたり、予定を管理したり、ボイスメモを使って会議やミーティングなどを録音している人もいるでしょう。

ですが、もしiOSデバイスで大事なデータを上書きしてしまい、消えてしまったとしたらどうしますか?

そんな時は、最大18種類のMacでiPhone5の上書きしてしまったデータを復元出来るiOSデバイス専用の復元ソフト『dr.fone (Mac) - iPhoneデータ復元』を使ってみるのはいかがでしょうか。

MacでiPhone上書きデータが消えてしまっても安心!

dr.fone (Mac) - iPhoneデータ復元』は簡単にIOSデバイスのMacでiPhone5のデータを上書きされても復旧することができます。メールやメモ、ボイスメモ、写真、ビデオ、通話履歴など18種類のデータを簡単に復元することができるので、もしiOSデバイスから大事なデータが消えてしまっても安心です。もしもの時の為に『dr.fone (Mac) - iPhoneデータ復元』を使ってみるのはいかがでしょうか。

dr.fone (Mac) - iPhoneデータ復元 』なら、iPhoneの上書きされたデータを復元が簡単!

ステップ1:iPhoneをPCに接続します。

まず、『dr.fone (Mac) - iPhoneデータ復元 』をインストールして、メイン画面の「復元」機能をクリックします。

「復元」機能をクリック

MacにiOSデバイスをケーブルで接続します。最新のiPhone6sなどあらゆるiOSデバイスに対応しています。

iOSデバイスをパソコンに接続

ステップ2:iPhoneの復元モードを選択します。

iOSデバイスを接続したら、iTunesやiCloudのバックアップにデータが残っている場合は「iTunesバックアップファイルから復元」或いは「iCloudバックアップファイルから復元」を選択し、残っていないのなら「iOSデバイスから復元」を選択して画面の指示通りにデバイスを操作してください。

今回は「iOSデバイスから復元」を選択して、表示された画面に復元したいデータのタイプを選択して、「スキャン開始」ボタンをクリックすると、デバイス上のデータを分析し始めます。

復元したいデータにチェックを入れ

デバイスが分析中、お待ちください。

デバイスが分析中

分析が終わったら、データのスキャンが自動的に開始します。

データのスキャン

ステップ3:上書きされたiPhoneデータを選択して復元

分析やスキャンが完了後、データをカテゴリごとに分類されます。

データをプレビュー確認

復元したいデータにあるチェックボックスにチェックを入れて右下の「パソコンに復元」をクリックするだけで、簡単にデータに復元をすることができます。

「パソコンに復元」ボタンをクリック

dr.fone (Mac) - iPhoneデータ復元 はiPhone・iPad・iPod全体のiOS機種に対応しています。

dr.fone (Mac) - iPhoneデータ復元

データを上書きしてしまっても復元Mac方法

  • MacでiPhone・iPad・iPod touchのデータを復元
  • 3つの復元方法 MacでiPhoneのデータを復元
  • 写真・連絡先・SMSメッセージ・メモ・通話履歴などのデータを復元。
  • 最新のiPhone&Mac OSに対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneデータ復元 > MacでiPhoneのデータを上書きしてしまっても復元できる

All TOPICS