ライン無料通話のことをご紹介

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

ラインには無料通話とライン通話の2種類があるのをご存知ですか

ラインを使うメリットに無料通話というものがあります。これを使うためにラインへ登録している人も多いのではないでしょうか。実際に、ラインには無料通話というものがあり、無料通話を利用することで友人や家族間での連絡を取ることが出来ます。では、無料通話と言えばラインには1つしかないと思っている人も多いのではないでしょうか。

ラインにはこの無料通話と派別にLINE通話というものがあります。普段ラインの無料通話と言えば、無料通話といっているものをさしてLINE通話とは別物です。ではLINE通話という物はどういうものでしょうか。LINE通話とは、通話料が発生します。無料のつもりでかけてしまうと、後で請求が来てしまうので、間違わないようにしてください。普段利用していると間違えることはないとは思いますが、Line通話という有料の通話があるということを知っておいたほうが便利です。ただしLINE電話を使うと、通話料金がかかりますが、実際に電話するときに通常の携帯電話の電話からかけると1分40円はかかります。 その点LINE通話を利用すると1分14円で利用することが出来ます。さらにLINEが提携しているテンポなどでは、10分以内であれば無料でかけることが出来ます。

無料通話を使っていてもLINE通話を使っている人は少ないのではないでしょうか。この機会に、LINE以外の人や店に電話をするときはLINE通話を利用すると安い料金で通話することが出来ます。LINE通話は品質が悪いのではと思われるかもしれませんが、通常の電話回線を使っているので、音質もよく何も変わりがありません。電話料金が安くなるので、大いに利用する価値があります。

LINEにある無料通話とはどういうものか

ライン無料通話を行う場合は、友達リストから電話おかけたい友達をタップします。するとトーク・無料通話・ビデオ電話というものが出てくるので、その中の無料通話をタップします。あとは、その友達の画面が表示されて、通話のための呼び出し音が鳴ります。相手が取れば通話が出来ます。当然IP回線を利用しているので、通常の通話回線よりは音質は落ちますが、そこまで気にすることもなく利用することが出来ます。呼び出しても、相手が出なかった場合は、もう一度無料通話を発信・ボイスメール・キャンセルとあるので、再度発信するか留守電に入れるかを選択することが出来ます。これは、通常の電話回線のリダイヤルと留守電機能とおなじような使い方になります。

無料通話には、音声だけで通話する機能と、画像まで送ってから、相手の顔を見ながら通話することが出来るビデオ通話というものがあります。この場合、何が違うかというと、無料電話なので通話料金はまったくかかりませんが、通信料という物は発生します。契約上無制限で利用している場合は、通信料を意識する必要もなく、自由に通話を楽しむことが出来ます。あとは通信業者の改選ではなく、wifiなどを使ってからビデオ通話をする場合は、通信料も固定なので、気にすることなくビデオ通話をすることが出来ます。

LINE無料通話の手順

無料通話を実際に使って見ます。

  1. まずはLINEを起動してから、友達リストを表示します。
  2. 表示された友達リストの中から話したい友達を選んでから、タップします。
  3. するとポップアップ画面が表示されて、「トーク」「無料通話」「ビデオ通話」の3つのメニューが表示されます。その中の「無料通話」をタップすると相手に電話をかけ始めます。
  4. あとは通常の電話と同じようにつながると話が出来ます。

スピーカー機能が付いているので、スピーカーアイコンをタッウすること、端末を置いていても通話することが出来ます。

dr.fone-LINEバックアップ&復元

iPhone上のラインのトーク履歴をバックアップ復元方法

  • 1-ClickでiPhone上のLINEトーク履歴やスタンプなどをバックアップ
  • 復元前にバックアップされたLINEのトーク履歴を詳しく確認
  • バックアップされたトーク履歴・添付ファイル・スタンプなどをiPhoneに復元可能
×LINEの使い方・LINEトークのバックアップ復元
1. LINEトーク管理
2. LINEの使い方
3. LINEスタンプ

All TOPICS