iPhoneのメッセージが送れない時の対処法

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

iPhoneを使っている時に突然メッセージが送れなくなった時、連絡先が間違っていないか相手にリジェクトされていないか、電波が弱くないか、送信上限に達していないかを確認しましょう。どうしても改善できない場合や送信先のアドレスを消した場合、送信する内容を削除してしまった場合はデータ復元ソフトWondershare 「dr.fone- iPhoneデータ復元」を使って問題を解決してみましょう。

iPhoneでメッセージが送れない理由を落ち着いて確認

iPhoneで突然メッセージが送れなくなってしまうととても慌ててしまうことでしょう。

そこで落ち着いて送れない理由を確認してみましょう。

iPhoneにはメッセージアプリがあります。突然原因不明な理由で送れなくなってしまった時は、パニックになってしまいますが、落ち着いて原因を確認することが大切です。 一番最初に確認したいことは、相手の電話番号や連絡先が間違っていないかどうかを確認します。また相手がリジェクトしている場合、拒否されているため、送れなくなりますので、大切な用事がある場合は、相手に直接連絡をして確認した方がよいです。

弱い電波でメッセージが送れない状態を改善する方法

iPhone使用中に電波が弱いと送れない場合もありますので、電波のつながり状態を改善する必要があるでしょう。 設定からモバイルデーター通信を選択し、通信のオプションを選択します。4Gをオフにした後、機内モードを一度オンにし、しばらく経ったらオフにします。もしこれで送れない場合は、メッセージの制限数に達しているかどうかを確認してみましょう。制限数に達していると送信不可能になります。SMS送信には文字数制限がありますので文字数が超過するとエラーが表示されます。不要な文字を消して、短めのメールにしてから送信をしましょう。

iPhoneのメッセージそのものを削除してしまった場合

iPhoneのメッセージを誤って削除してしまった場合、復元ソフトWondershare 「dr.fone- iPhoneデータ復元」を使えば復元することが出来ます。最初に復元ソフトをパソコンにダウンロードをしておきます。Win版かMac版の二種類がありますので、公式サイトWondershare 「dr.fone- iPhoneデータ復元」からダウンロードを行いましょう。 「dr.fone- iPhoneデータ復元」ダウンロード後は、パソコンにiPhoneを接続し、「dr.fone- iPhoneデータ復元」を実行します。スキャン開始ボタンが画面に表示されるので、スキャン処理を行います。詳細手順を見てみましょう。

「dr.fone - iPhoneデータ復元」を利用して削除してしまった、メッセージを復元

「dr.fone - iPhoneデータ復元」を利用すると、iTunesと同じようにパソコンに保存してあるバックアップデータから復元させることが可能です。ただし、「dr.fone - iPhoneデータ復元 」は事前にバックアップを保存していなくても起動障害の回復や勝手に消去されたファイルの復活が可能です。OSが正常に起動できるようになったら「復元」を選択し、失われたファイルを復活させる作業を開始します。バックアップを保存していない場合には、「iOSデバイスから復元」を選択して進みます。消去されたデータの一覧が表示されるので、復活させたいものにチェックを入れて作業を開始しましょう。「dr.fone - iPhoneデータ復元 」を利用すれば、iTunesやiCloudのバックアップを利用してデータを回復させることも可能です。

ステップ1:メイン画面の「復元」機能をクリックする

USBケーブルでiPhoneを接続してソフトを起動するとメニュー画面が表示されます。もしも起動障害を起こしている場合には先に「修復」を選択し、画面の指示に従ってデバイスを操作してシステムの修復を行いましょう。

「復元」機能をクリック

ステップ2:「iOSデバイスから復元」を選択する

OSが正常に起動できるようになったら「復元」を選択し、失われたファイルを復活させる作業を開始します。バックアップを保存していない場合には、「iOSデバイスから復元」を選択して進みます。

「iOSデバイスから復元」を選択する

ステップ3:復活させたいデータを選択する

消去されたデータの一覧が表示されるので、復活させたいものにチェックを入れて作業を開始しましょう。メッセージだけを復元する場合、それだけを選択すればよいのです。 すると、自動的に消去してしまったメッセージのデータを復元します。

復活させたいデータを選択する

データのスキャン

dr.fone - iPhoneデータ復元 」を利用すれば、iTunesやiCloudのバックアップを利用してデータを回復させることも可能です。

メッセージと添付ファイルも復元可能

「dr.fone - iPhoneデータ復元」ではiPhoneの中にあったメッセージと、添付ファイルの中身もすべて復元することが出来ます。スキャン後には検出リストの一覧が出てきますので、一覧の中からパソコンに自分が必要なデーターを取り込むことが出来ます。 データーを選んだあとは実行ボタンを押すと、消えてしまったメッセージや添付ファイルの中身も復元することが可能です。テキスト、絵文字、添付ファイルもデーターの中に取り込まれますので、消える前とほぼ同じデーターを復元することが可能です。

Wondershare 「dr.fone」はデーターが壊れた時に便利

Wondershare 「dr.fone」はiPhoneのデーターをバックアップしたり復元、転送移行をすることが出来る復元ソフトです。SNSアプリバックアップ機能もついていますので、故障やトラブル、誤ってデーターを消してしまった時に復元することが出来ます。一度ダウンロードしておけばこれから先使う機会も出てくるかもしれませんので、iPhoneユーザーは便利に活用することが出来るでしょう。消えてしまったSNSの内容やLINEトークの履歴、画像やスタンプなども復元することが出来ますのでとても便利です。

iPhoneのメッセージが送れない場合は、連絡先や相手が拒否していないか、電波状況をまず確認しましょう。故障や誤って削除した場合はWondershare 「dr.fone」でデーターを復元することが出来ます。パソコンでダウンロードを行い、復元したい部分だけを復元して取り込むことが出来ます。SNSやLINEの内容も復元可能です。

dr.fone-iPhoneデータ復元

iPhoneを安全に復元できる

  • iPhone・iPad・iPod Touchの削除したデータを簡単に復元
  • 安全・迅速・簡単でデータ復元!
  • 業界で復元率が高いiPhoneデータ復元ソフト!
  • iPhone・iPad・iPod Touchの紛失した写真・連絡先・メモ・メッセージなどを復元
  • 最新のiPhone XS/XS Max/XRやiOS 12に完全対応!
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

dr.fone製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽にこちらまでお問い合わせください。

人気記事
Home > How-to > iPhoneデータ復元 > iPhoneのメッセージが送れない時の対処法

All TOPICS