×

スマホ写真を整理する5つ方法の紹介

Wondershare iPhoneデータ復元

世界初のiPhone&Androidデータ復元ソフト

スマホのデータを安全に復元

Sep 23,2019 •カテゴリ: Androidデータ転送

便利で簡単、そして綺麗に映るスマホでの撮影。

ついつい撮りすぎてしまう事、ありませんか?

最近では様々なアプリで肌補正なども簡単に出来てすごく便利です。

しかしたくさん撮ったけれど、見返すだけで印刷も手間がかかる。

そしてスマホの容量がオーバーしてしまい、仕方なく思い出の写真を消去して手放したという経験はありませんか?そんな時におすすめの方法をご紹介します。

SDカードやHDDに保存する

こちらは、いたって簡単な方法です。印刷しなくても保存が出来る、たまに見る事が出来れば良いという方にお勧めです。 SDカードやHDDにスマホからPCに取り込んだ画像を移動するだけです。 SDカードは8GBのものだと1000円以下で購入する事ができます。(写真のサイズによりますが、だいたい500~7000枚の量です。) 容量が多い方が良いという方はHDDがお勧めです。HDDも電気屋さんなど買うと数千円で購入する事ができます。またどちらも小さい為、持ち運びなども簡単にできて便利です。

データを印刷して形に残す

大切な思い出を形に残したい方には印刷がお勧めです。 写真やさんに行くとスマホを繋いでそのまま画面の説明に従って印刷まで出来る機械が置いてあります。その日のうちに印刷出来てとても簡単です。 印刷しても整理が大変だと思う方には、印刷時にフォトブックにできるものもあります。文字を入れたり、スタンプやイラストを入れる事も出来るので、旅の思い出を一冊にする、子どもの成長を記録する、友人や両親のプレゼントに作るという方も多いようです。自分で簡単に作れるのに、売り物の様な仕上がりになるので作っている方も楽しくなります。

スマホ本体のストレージ容量を大きくする

スマホを購入する時についつい値段が安いからといってストレージ容量の低いものを購入していませんか? 長年使っていると写真・音楽・アプリなどが入り込み、案外ストレージ容量が不足になりがちです。 長年使うけど、容量を気にしたくない方は、容量の大きいものを選びましょう。 またストレージ不足になった時にはいらないアプリや添付がついたメールなどをこまめに消すように心がけましょう。何にストレージがかかっているのか設定画面から見ることもできます。いざカメラ機能を使いたい時に「ストレージがいっぱいです」と出ないようにたまにチェックしておく事をお勧めします。

オンラインに写真を保存

最近では手元に写真を保存しておかなくてもオンラインで保存する方法があります。 一番現代的な方法かもしれません。 誰でも簡単に出来る方法です。また、スマホが壊れた・落として無くなったなどの時に、データがなくなってしまった場合にも大切な写真が消えなくてすみます。方法は、アプリをインストールしてアカウントを作り、そこに写真を保存していくだけです。どこからでもアクセス出来て家族や友達と共有する事も出来るので、孫・ペットの写真などを離れた家族に見せてあげたい時などにも便利です。

Wondershare「dr.fone-データ転送」を利用してスマホ写真を整理する

オンラインでの写真保存でお勧めなのはWondershare 「dr.fone-データ転送」です。 iPhone/iPadなどのiOSデバイスとパソコン/iTunes間でデータを自由に転送出来ます。まずdr.foneを起動してメイン画面の転送機能をクリックします。次に使っているデバイスをPCに接続し、転送したいファイルタイプをクリックするとiOSデバイスに転送されます。たったそれだけでより安全に簡単な方法で出来てしまいます。またiPhone、iPadの連絡先をパソコン上で追加、削除、編集、結合などの操作ができます。


スマホからパソコンに写真を転送する手順

ステップ 1. スマホからパソコンに写真を転送できるソフト「dr.fone-データ転送」をPCにインストールする

スマホからパソコンに写真を転送できるソフト「dr.fone-データ転送 (iOS)」をPCにインストールして下さい。ここは基本的なソフトウェアと方法は変わりませんので、簡単に導入できるはずです。

ステップ 2.転送を選択する

インストールが済んだら「dr.fone-データ転送」を起動させます。ソフトが立ち上がると最初の画面では、どのような作業を行うのか選択することになりますが、ここは上に位置している「転送」を選択しましょう。
「データ移行」も写真の送信に使えそうに見えますが、こちらはスマホ間でのデータ送受信に使用するものです。

転送を選択

ステップ 3.スマホ端末をパソコンに接続する

ここまでの手順を終えたら画面が切り替わり、デバイスを接続するように要求してきます。使用しているスマホ端末をパソコンに接続していきましょう。一般的にはスマホとPCにはUSBケーブルで接続するケースが多いはずです。
この際の注意点としてはスマホのロックを解除しておくこととなります。ロックを掛けたままだと認識されなかったりしますから、この点は予めチェックしておくことが大切です。

スマホ端末をパソコンに接続

スマホからパソコンに写真を転送しましょう

ステップ 1. 転送したい写真を選択する

うまくパソコンとスマホが接続できているかどうかは、「dr.fone-データ転送」が自動で検出してくれます。接続が確認されたらソフトの画面が切り替わっていくので、しばらく待ちましょう。
接続が確認できたら画面が変わり、左側にスマホのイラストが表示され、右側に取り込めるコンテンツの種類が示されます。左側のスマホの下には使用しているOSのバージョンが表示されるので、確認してみて下さい。

取り込み可能なコンテンツはソフト画面の上部に並んでいる青いボタンの列から、選択していきます。音楽やビデオなどのコンテンツが並んでいますが、写真はボタン列のちょうど真ん中あたりです。写真ボタンを押すと画面にデータ一覧が表示されるので、この中から取り込みたいものを選んでいきます。

転送したい写真を選択

ステップ 2.写真を転送する

データの題名の左側にはチェックボックスがあるので、取り込みたいものにはチェックを入れて下さい。チェックを入れ終えたらエクスポートアイコンをクリックすれば、取り込みが始まります。

写真を転送

今回記事に書かせていただいたいくつかの方法は、状況や人によって使いやすさが変わってくるかもしれません。様々な方法を試しながら自分にあった整理の方法を見つけていくと良いかもしれませんね。簡単に撮影できるスマホですが思い出は一生ものです。しばらくたってから見ると心があたたかくなったり、懐かしい気持ちになったり、写真はとても良いものですよね。

dr.fone-iPhoneデータ転送

iPhone/iPadなどのiOSデバイスとパソコン/iTunes間でデータを自由に転送

  • iPhone、iPadの間に連絡先、SMS、写真、音楽、ビデオなどを転送
  • エクスポート、追加、削除などの操作でiPhone、iPadのデータを管理
  • iTunesなしでiPhone、iPadのデータをパソコンに転送・保存
  • iOS 13に完全対応
0コメント(s)
人気記事
Home > How-to > Androidデータ転送 > スマホ写真を整理する5つ方法の紹介

All TOPICS