iPhone端末で「連絡先」データが消えてしまった際の復元方法

iPhoneユーザーの中には、「急に連絡先のデータが真っ白になってしまった」というトラブルに遭遇した経験を持つ方がいるかもしれません。詳しい原因は明らかにされていませんが、iPhoneではこのようなトラブルが時々発生することが知られています。自分のスマホから連絡先が消えてしまったらパニックになってしまいそうですが、データを復元する方法がいくつかあります。もしもの時に備えて頭に入れておけば、冷静に対応できるでしょう。


パート1 iCloudでiPhoneの連絡先を復元する方法

iPhoneのユーザーであれば、特に設定を変更をしていない限り連絡先や写真などのデータは自動的にiCloud上にバックアップされます。従って、iCloudのデータを使えば、比較的簡単に連絡先のデータを復元することができます。iPhoneでiCloudにアクセスし、「連絡先」を開きます。この時、正常に連絡先が閲覧できるようであればデータの復元は簡単です。iPhone端末を再起動してみてください。殆どのケースは再起動後に連絡先のデータが無事に復元されています。この方法で連絡先のデータが復元されなかった場合は、パソコンからの操作が必要です。その手順について、以下に記載します。

  • まずiPhone端末とiCloudの同期を一時的に停止するよう、設定を変更します。この手順を飛ばしてしまうと、スマホ内の真っ白な連絡先データにiCloudの連絡先データが上書きされてしまう可能性があるので注意しましょう。
  • そして、iPhoneの設定画面を開き「iCloud」を選択します。写真、メール、連絡先など、iCloudと同期を行うか否かを項目ごとに設定する画面が表示されるので、「連絡先」の同期をOFFに変更します。これで端末側の準備操作は完了です。

以降はパソコンでの操作となります。

  • お使いのパソコンのOSがMacの場合はiCloudがすぐに利用可能な状態となっているため、iCloudを開きます。パソコンのOSがWindowsの場合は、まずWindows用のiCloudをパソコンにインストールしましょう。
  • iCloudを開いて「連絡先」をクリックします。連絡先画面の設定アイコンをクリックし「すべてを選択」をクリックすると、登録されている連絡先データ全件が選択された状態に変わります。
  • この状態でもう一度設定アイコンをクリックし、「vCardを書き出す」を選択します。
  • するとファイルの保存画面が表示されるので、適当な場所に保存を行い、このファイルをメールに添付して自分のiPhoneに送信します。

ここからはまたiPhone端末での作業となります。

  • iPhoneから先程受信したメールを開き、添付ファイルを端末内に保存します。
  • 保存されたファイルをクリックして中身を展開すると、連絡先の一番先頭のデータが表示されるので「共有アイコン」をクリックします。
  • 「連絡先にコピー」を選択すると「〇件すべての連絡先を追加」という項目が表示されるので、これをクリックすると連絡先データの復元が開始されます。

無事にデータが復元されたことを確認できたら、スマホの同期設定も忘れずに元に戻しておきましょう。


パート2 iTunesでiPhoneの連絡先を復元する方法

iOSがインストールされているパソコンを持っている場合、パソコン上でiTunesの編集を行う機会も多いかもしれません。実はiCloudだけでなく、iTunesにもバックアップの機能がデフォルトで搭載されています。iCloudは無料で利用可能なストレージの容量が5GBまでに制限されますが、パソコン上でiTunesのバックアップを行う場合はこのような容量制限を受けません。意外と知られていない機能ですが、iCloudのストレージ容量を確保する際に、一部のデータはiTunesのバックアップに逃がす方法は便利なので憶えておいて損は無いでしょう。

  • まずパソコンでiTunesを開いてから、お手持ちのiPhone端末とパソコンを接続して認識させます。
  • 端末が正常に認識されると、メインインターフェイスにiPhoneのアイコンが表示されるのでクリックします。
  • 表示された項目の中から「バックアップ」の中の「バックアップを復元」をクリックするとバックアップ実行のためのウィンドウが開くので「復元」アイコンをクリックしてください。
  • バックアップが完全に完了したことを確認してから端末をパソコンから外しましょう。

この復元方法では、連絡先のデータのみを選択して復元することができません。写真などの全てのデータがiTunes内のバックアップデータに上書きされてしまうので注意が必要です。連絡先データのみの復元を行いたい場合は、次に紹介するようなデータ復元のための専用ツールを利用することをおススメします。


パート3 「Dr.Fone - iPhoneデータ復元」でiPhoneの連絡先を復元する方法

携帯端末のデータ復元用ソフトは様々なものが流通しています。ここではiPhoneを含む様々なiOS対応端末のデータ復元に対応可能な「Dr.Fone - iPhoneデータ復元」を利用したデータの復元方法について紹介します

パソコンでこのソフトを開き、パソコンとiPhoneを接続したら、表示されるメニューの中から希望の復元メニューを選択するだけで初心者でも簡単にデータの復元ができます。しかも水濡れやシステムクラッシュなど、データが消失した原因に関係無く高確率でデータを復元可能です。ソフトはパソコンから誰でも簡単にインストールできるので、活用してみてはいかがでしょうか。


iPhoneから連絡先データが消えても慌てず冷静に対応しましょう。

iPhoneから連絡先データが消失してしまった場合、焦らず上記のような方法を試してみてください。データの復元は時間が経過するほど成功率が下がります。データ消失に気が付いた時点で早めにアクションを開始しましょう。また、復元作業の途中で誤ってiCloudやiTunesのバックアップデータも消失してしまった場合も、慌てずに専用のソフトウェアなどを活用して対応すればデータを救済できる可能性も十分にあるので諦めずにトライしてみて下さい。


Dr.Fone - iPhone起動障害から修復

iOSをアップデートしないままでiPhoneを復元する方法

  • データ損失なしで、起動しない症状からiPadを復元!
  • iPhone6をリカバリーモード、リンゴループなど起動しない症状から復元!
  • データ損失が一切なし
  • 対応モデルはiPhone・iPad ・iPod touch全機種
  • 最新のiPhone 11/Pro/Pro MaxやiOS 14に完全対応!
Home > How-to > iPhoneデータ復元 > iPhone端末で「連絡先」データが消えてしまった際の復元方法

All TOPICS